親知らず抜歯後に口臭がするように、、、対策は?

歯周病や舌苔、清掃不良など口内の異常は口臭の発生に大きく関わっています。親知らずを抜歯した後にも口臭がでる可能性があります。ここでは親知らず抜歯後の口臭の原因と対策についてお伝えします。

こんな人に読んでほしい
  • 親知らずを抜いた後に口臭が気になっている方
先に結論を言ってしまうと、親知らず抜歯後は傷口が痛むのでしっかりと歯磨きができず、清掃不良が原因で口臭が発生します。対策は小さいヘッドの歯ブラシを使って歯を磨くことです。

口臭レスキュー隊

親知らず抜歯後の口臭の原因と対策

口内の清掃不良

親知らずを抜歯した後しばらくは傷口が痛み、なかなか奥歯に歯ブラシを当てることができません。歯磨きができないと、そこにプラークがたまり口臭が発生します。傷口に食べかすが入ることも口臭の原因となります。

対策法

タフトブラシのような、なるべく小さなヘッドの歯ブラシを使用して傷口に触らないように歯磨きをしてください。

注意
傷口をふさぐのが最優先ですのであまり神経質にならず、難しい場合は無理に磨かないでください。

他の歯はきちんと磨いてください。口を開けるのも辛いという方もいると思いますので、そこでも小さいヘッドの歯ブラシを活用してください。

傷口からのニオイ

親知らずや奥歯は他の歯と比べても大きいので、抜歯をすると傷口も大きくなります。傷口がふさがるのにも時間がかかり、出血もありますので血のニオイも混ざって口臭となります。

対策法

マスクを着けると相手との間に布1枚分の隔たりができますので、口臭が届きにくくなります。口を動かすのが億劫でなければガムや乳酸菌配合のタブレットを舐めることで、唾液の分泌量が増えたり口内環境がよくなったりします。

注意
うがいをして食べかすや血を流すのも一つの方法ですが、傷口を早く治すためにはうがいのやりすぎは禁物です。かさぶたがはがれて治りが遅くなってしまいます。また、かさぶたがはがれるとドライソケットといって骨がむき出しの状態になり、激しい痛みがでることもあります。ここでも過度に神経質にならないように注意してください。

まとめ

ここまでをまとめます。

【 まとめ 】
  • 親知らず抜歯後に口臭がでることがある
  • 原因は口内の清掃不良と傷口からのニオイ
  • ヘッドの小さい歯ブラシを使ってブラッシングしたり、マスクを着用することで口臭をおさえることができる

傷口が治ってくれば口臭も改善されてきますので、なるべく傷口に触れずに治すことを最優先で考えていきましょう。舌で傷口を触る喫煙、刺激物や硬いものを食べることも控えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA