コーヒーが口臭の原因となる3つの理由

飲み物と口臭の話題です。今回はコーヒーが口臭の原因になる理由についてお伝えします。

こんな人に読んでほしい
  • コーヒーをよく飲み、口臭が気になっている方
先に結論を言ってしまうと、コーヒーの成分に口臭を発生させる原因があります。

口臭レスキュー隊

口臭を招く3つの理由

コーヒーを飲むと口臭が発生する理由は3つ。一つずつ見ていきましょう。

理由その1:コーヒーの微粒子や砂糖が口内に残る

コーヒーを飲んだ後の舌の表面は少し茶色っぽくなっています。これはコーヒーの微粒子が舌の表面に残っているためです。コーヒーのニオイが舌に残っている状態ですので口臭のようになります。

また、コーヒーの中にミルクや砂糖を入れていれば、これらも舌の表面や歯に付着します。口臭を発生させる細菌は砂糖が大好きですので、砂糖入りのコーヒーを飲むと細菌が増殖して口臭が発生します。

理由その2:コーヒーの酸味と渋み

コーヒーの味の決め手となる酸味と渋み。これも口臭を招く原因になります。

酸味は口内を酸性にし細菌が増殖しやすい環境を作ります。渋みは唾液の分泌量を抑えてしまうので、さらに細菌が増えやすい環境になり口臭が発生します。

理由その3:カフェイン

コーヒーに含まれる成分の代表がカフェインです。カフェインには頭をシャキっとさせる効果もありますが、利尿作用もあります。コーヒーで水分補給をしているつもりでも、唾液として使うための水分まで尿として体外に排出されてしまいます。そのため、唾液の分泌量が減り細菌が増殖して口臭が発生します。

コーヒーの口臭をおさえる方法は?

口臭が出るけど飲みたい!という方もいると思います。コーヒーを飲んだあとにあることをすれば口臭の心配も減ります。

舌磨きと水を飲む

舌の表面についたコーヒーの成分を落とすために舌を磨きましょう。注意点は毛先の柔らかいブラシを使用することと、強くこすらないことです。

舌は非常にデリケートな部分ですので舌磨き専用のブラシか毛先が柔らかい歯ブラシを使って、喉の奥から手前に数回優しくこすってください。

口内の微粒子や砂糖を洗い流し、水分を補修するために水を飲むのも効果的です。お茶だとカフェインが含めれている物があるためあまりおすすめはしません。ジュースは砂糖が入っているので避けてください。水か白湯がいいです。

まとめ

ここまでをまとめます。

【 まとめ 】
  • コーヒーが口臭の原因になるのは3つの理由がある
  • コーヒーの微粒子や砂糖が口内に残るから
  • 酸味と渋みが口内を細菌が繁殖しやすい環境にするから
  • カフェインの利尿作用で唾液の分泌が減るから
  • 舌を磨く、水を飲むことで口臭をおさえられる

コーヒーを飲むことには認知症予防、ガン予防、アンチエイジング効果、ストレス緩和などいろいろなメリットがありますので、口臭対策をしながら飲んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA